ステークホルダー分析

  • どのステークホルダーとの利害関係を考慮すべきか判断する分析。
  • ステークホルダーの利害、期待、影響度を特定して、プロジェクトの目的に関連付ける。

手順1:特定

  • かかわりを持つ可能性のある全てのステークホルダーを特定する。
  • 役割、部門、利害、知識レベル、期待、影響レベルを特定する。

手順2:影響の特定

  • ステークホルダーからの影響や支援を特定する。
  • ステークホルダーを分類する。

手順3:対応の評価

  • 様々な状況を仮定し、主要なステークホルダーの反応・対応を評価する。
  • 主要なステークホルダーに対して働きかける方法を計画する。

ステークホルダー分類モデル

権力と関心度のグリッド

権限レベル(権力)と利害レベル(関心度)によって分類。

権力と関与度のグリッド

権限レベル(権力)とプロジェクトへの積極的参加の度合い(関与度)に基づいて分類。

関与度と影響度のグリッド

プロジェクトへの積極的参加の度合い(関与度)と、計画や実行の変更に影響する能力(影響度)に基づいて分類。

セイリエンス・モデル

  • 権力:自分の意思を通す力
  • 緊急性:直ちに対処する必要性
  • 正当性:傘下の妥当性

に基づいて分類。

関連ページ

ステークホルダー分析を使用するプロセス