近代的な品質マネジメント

顧客満足

  • 顧客の期待を理解し、評価し、明確化し、マネジメントすることによって、要求を満たす。
  • 要求事項への適合と、使用適合性の両方が必要。
  • 要求事項への適合:要求されたものを確実に生み出すこと
  • 使用適合性:真のニーズを満足すること

検査より予防

  • 品質は、計画・設計・作りこみによって達成される。
  • 検査しても、品質は向上しない
  • 欠陥を予防するコスト < 検査で発見された欠陥を是正するコスト

継続的改善

  • PDCAサイクルは品質改善の基本
  • 品質改善活動には、TQMやシックスシグマなど。
  • 品質改善活動は、成果物の品質を改善するだけでなく、プロジェクトマネジメントの品質も改善する

経営者の責任

  • 経営者には、プロジェクト成功のために必要な経営資源を提供する席にがある。

品質コスト(COQ)

  • 品質コストとは、品質に関するすべての作業コスト
  • 返品、クレーム対応という運用段階の品質コストを抑えるため、成果物の品質改善にコストをかける

近代的品質マネジメントの提唱者

クロスビー(Crosby)※作り手の視点

  • 無欠陥(Zero Defect):欠陥の無いものを最初から正しく作るべき
  • 検査より予防:予防コストは欠陥を是正するコストに比較するとはるかに少ない

ジュラン(Juran)※使い手の視点

  • 使用適合性:使い手の真のニーズ(品質要求)を満たした製品を作るべき
  • 品質と等級:等級が低くても受け入れられることがあるが、品質が悪いと通常は受け入れられない

デミング(Deming)※マネジメントの視点

  • 品質コストの85%はマネジメントの問題
  • 作業者は自分たちで品質をコントロールできない
  • メンバーに対して受入可能な品質のレベルを示すことが重要。

関連ページ